こうじスリムは妊娠中は使用NG?【副作用が!?】

こうじ酵素ブラック 副作用

 

楽痩せの必殺技ともいえるこうじスリム。

 

知っているのと知らないのでは、雲泥の差です。

 

さて、このこうじスリムですが、単純にここまで凄いと副作用があるのかどうか、知りたくなりますよね。

 

痩せても、何らかの副作用が出てきたら、ちょっと嫌な思いをしますし。

 

今回、こうじスリムを使用して副作用はあるかどうか、調べてみました。

 

おまけに妊娠中、使っているうちに妊娠してしまった、という場合もあるだろうかとおもいますので、妊娠中にこうじスリムを飲んでもOKかどうかも同時進行で調査しました。

 

妊娠中にもし何かあったら、一生後悔してしまうかもしれないので。

 

では早速調査結果をどうぞ。

 

こうじスリムの成分

 

まずはこうじスリムの成分を詳しく分析しました。

 

こうじスリムのこうじ酵素は七穀米にこうじを加えて作った酵素に黒五粉末の成分を加えてあります。

 

この黒五粉末というのは、黒米、黒大豆、黒ごま、黒松の実、黒加倫を粉末にしたものです。

 

この黒五粉末がこうじスリムをサポートして代謝のパワーを底上げしています。

 

詳しく見てみますと、まず黒米ですが、古代に中国の皇帝に献上されていたそうです。

 

効能ですが、内臓の強化、消化器系の補養、体力補強など、内臓に力を与えると言われています。

 

黒大豆ですが、血液の浄化、血管を若返らせる、肝臓、腎臓の強化、利尿作用など血液の循環やその成分を浄化するそうです。

 

黒ごまですが、抗酸化、つまりアンチエイジングを後押しします、

 

黒松の実は内臓全体の機能強化、胃腸の機能を上げる、便秘解消、席、喘息の緩和、などの効能があるそうです。

 

黒加倫ですが、アンチエイジング効果に加えて、視力改善の効能が期待できるとのこと。

 

全てこの黒五粉末は天然由来ものですので、化学物質ではないということが判明しました。

 

ですから、このこうじスリムの成分において、副作用は考えられにくいです。

 

万が一アレルギー反応などが気になる方は、主治医の判断を仰いだ方が、懸命でしょう。

 

妊娠中はどうかしら?

 

全て天然由来成分ですので、妊娠中にこのこうじスリムを飲んで何かあったという方は過去にいらっしゃいませんでした。

 

もともとこうじスリムは身体の機能を底上げするものですから、これで胎児に影響があるとは考えられにくいそうです。

 

ですが、やはり最初の妊娠ではナーバスになる方もいらっしゃるかと思います。

 

またつわりなどで食の好みの変化もあるかと思います。

 

この場合、不安でしたら、やはり産科のドクター、助産師さん、看護師さんに聞いてみるのが、一番の不安解消でしょう。

 

今のところ、こうじスリムを飲んで副作用があった、妊娠中にトラブルがあった、とは報告されていないようです。

 

こうじスリムは代謝を底上げする

 

こうじスリムを飲んで痩せやすくなるのは、成分が内臓機能を底上げして、代謝を良くすることで痩せ体質にアプローチする仕組みです。

 

このこうじスリムを飲んで痩せ体質になる方が多いので、今、注文が殺到しているとのこと。

 

気になる方は早めに公式サイトを覗いてみてくださいね。

 

お得なキャンペーンもあるようです。

 

>>こうじスリムの詳細はこちら